檄 文

      最新の記事「カジノ実施法 素案-2 依存症」new

      最新の記事「カジノ実施法 素案-1 資料」new

    最新の記事「千葉市議会 カジノに関する 代表質問 2017.7.6

  最新の記事「マカオ ラスベガスサンズの売り上げ推移  2017年2期追加

   最新の記事「シンガポールカジノ マリーナ・ベイ・サンズの売り上げ推移 2017年2期追加

   最新の記事「千葉市の構想は「ナンチヤッテIR」鳥畑氏のご評価」

  最新の記事「幕張新都心カジノ 市長,誘致姿勢の変遷 2017年5月」

 最新の記事「現千葉市長の3期目のマニフェスト カジノ誘致混迷を深める 2017.5」

    最新の記事「幕張新都心IR誘致 市、県協議無し 情報公開で確認」

     最新の記事「千葉市議会 カジノに関する一般質問 2017.3.8」

            兄弟サイト
      千葉市「IR報告書」住民監査請求
                           

檄文

 熊谷市長と賛同議員は幕張新都心にIR、カジノとかの目眩ませで「博打場」を造ろうとしてます。そのために千葉市は事務所を設置し血税約340万円調査会社に「調査報告書」を制作させました。「博打場」と「自殺・破産」はセットです。
 千葉市の政策の犠牲で自殺・破産者が出ることは絶対あってはなりません。古来より日本では「博打」は禁止されてます。年貢では不足するので領民に「バクチ」をやらせ「寺銭」を得ることは「悪代官」にもできなかった。時代劇で「ヤクザモン」がやってる「博打」は当時でも非合法です。 
 強行し千葉市に「寺銭」が入ったとします。これは劇薬です。原発依存で維持してる自治体同様に想定外の事態が起きても「博打場」は止められません。そもそも、熊谷市長・賛同議員本人はもとより、一族郎党、後援会、支持者(選挙公約等に賛同者)に市財政のためカジノへ行けとは言わないでしょう。発想そのものが貧弱です。
 ふるさと納税は千葉市民でも千葉市への納税(千葉市ふるさと応援寄附金)は可能です。「胴元会社」に貢ぎおこぼれにありつくより効率的です。

熊谷市長が学んだ一新塾の創設者大前研一氏はカジノには反対してます。
「カジノは儲かる」は誤り、カジノバブル崩壊の現状をよく見よ(外部リンク)

      

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Menu

 TOP