民進党衆議院議員IR議連脱退 千葉1区 田嶋要氏

 千葉1区の田嶋要氏の秘書の方からIR議連を2017/01/24に脱退したと連絡がありました。
 千葉市長は幕張新都心にカジノ誘致をしようとしてます。その地元の民進党衆議院議員の田嶋要氏が国会のIR議連の副幹事長をやってるのがどうも納得できないので、「推進派」としての意見を聞きたいと面談を申し込でいました。秘書の方は「推進派」ではないとは言ってましたが、面談はするとして2016.11月頃から双方の日程を調整してました。折り合いが付かないなか田嶋氏が2017/01/22「国政報告会」をし、テーマに「カジノ」があるのを知り聞きに行くことにしました。
 報告会で使用された資料の内カジノ部分は下記です。
 田嶋要氏側から資料は「国政報告会用」なので公開は控えて下さいとの事で削除しました。

 反対派の資料としてはいまいちです。編集者はIR議連の副幹事長をやってるのは納得できない、即刻脱退して下さいと発言しました。氏は元々IR議連はカジノに関して議論する場であった、脱退は考えるとの発言でした。22日の報告会で、24日に脱退の連絡で素早い対応で感激です。

 民進党には「民進党IR推進議員連盟」があるように推進派がいても不思議ではありません。誰が推進派議員かは不明です。しかし、会派としては反対してました。
 田嶋氏が報告会で使用したカジノ以外の資料は次です。特に保護者のいない児童問題に取り組んでいるようでした。
 田嶋要氏側から資料は「国政報告会用」なので公開は控えて下さいとの事で削除しました。
たじま要 国政報告会 2017年1月22日

 国会のIR議連の会員はこちらから閲覧できます。これだけ問題になってる時期に推進派でないとする人は脱退すべきです。紛らわしい。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

 TOP