中国人富裕層は日本のバクチ場・カジノにまず来ない

 シンガポール、マカオ等アジアのカジノは中国人富裕層を当てにしてます。しかし、アジアのカジノは飽和状態です。韓国でも同様です。さらに仁川国際空港には既存のカジノが有るのもかかわず新規に2017年の開業を予定してるカジノ(IR)があります。さらに、もう一つ造ろうとしてます。これは外国人専用です。日本の「観光立国」は周回遅れです。こうした、こととは別にここでは賭け金、負け金、儲け金に関する考察をしてみます。
 キーワードは「中国の外貨送金規制」「仲介業者ジャンケット」です。

「中国の外貨送金規制」
 強行採決を繰り返しても日本でカジノを開業出来きるのは、早くても4,5年先(7年とする考え方もあります)と編集者は考えます。東京五輪はとてもとてもです。経済は水物です。中国経済がどうなってるかは見通せませんが現在の状況で考えてみます。
 まず元手(賭け金)の準備が必要です。中国人富裕層は1回5千万円、1億円賭けるそうです。億単位の金を日本に送金する必要があります。
 中国経済の低迷もあり、外貨の持ち出しの制限を強めています。
 現在中国ではでドル相当で年5万ドル(1ドル100円とすれば500万円)、1回5千ドルです。
 1日1回50万円を送金すれば10日で500万円です。これでは到底足りません。そこで、親類縁者に500万円ずつ送金を頼む方法があります。そこで中国当局は短間隔での送金や、同一口座への送金の監視をしてるようです。これ以外にも送金をする方法があるようですが、闇の世界の領域です。高官が資産をアメリカ、カナダに移して家族を住まわせ、本人だけ中国とかは聞く話ですが、これも闇の世界の領域です。
 日本に送金するには日本の銀行に口座を持つ必要があります。中国にある日本の銀行の支店が応じるかは不明です。
 因みに、世界の3大通貨の円には海外送金制限が無いようです。ただし、銀行ごとに制限額を決めているようです。又、金額によっては目的等を訪ねるようです。残念ながら編集者には億単位の金はなく経験もないので不確かではあります。

「仲介業者ジャンケット」
 これらの問題を解決してくれるのが仲介業者です。仲介業者は上客を飛行機代、ホテル代等をタダでカジノのVIPルームに運びます。カジノ側は上客の負け、勝ちにかかわらず賭け金に応じて謝礼を支払います。紙屋のボンボンが100億円もスッタのも仲介業者が介在したと言われてます。最近、牢屋から釈放されたようです。
 仲介業者は、賭け金も貸します。これで、送金の問題はあっさり解決です。当然バクチは負けもあります。仲介業者は、負けたら貸し付けの回収をします。回収方法は闇の世界です。容易に想像が付くのは、中国にいる仲介業者の仲間が客の自宅に取りに行くことでしょう。客に金が足りなければ地獄です。回収した金は一端プールでしよう。
 客がバクチに勝ったら、プールした金から自宅に行って支払うのでしょう。いわゆる地下銀行です。最終的にはプール金のたまりは仲介業者が闇の方法で受け取ることになります。
 地下銀行を利用すればマネーロンダリングも簡単です。汚職で得た金を自宅に隠し持ちます。客は仲介業者から金を借ります。カジノでチップに交換します。
バクチをせず、直ちにチップを現金に交換します。カジノで勝ったとして大手振って中国に送金できます。日本は海外送金に制限がありません。自宅に隠し持ってた金は仲介業者の仲間が受け取ります。マネーロンダリングの完成です。実際はこれほど単純でなく、もっと巧妙でしょう。
 仲介業者の介在を認めるかどうかはその国の法整備やカジノ側の考え方次第です。マカオは認め、シンガポールは制限付きのようです。
 日本では仲介業者はおよそ考えられません。ただし、仲介業者なくてはバクチ場からのテラ銭がすくないと分かったら認められるかもしれません。日本には強行採決と言う得意技があります。
 但し、日本の反社会的勢力(暴力団)と中国のマフィアが組めば地下銀行は可能です。日本の反社会的勢力は手ぐすねで待ってるかもしれません。

 仲介業者を公認してる国に行けば良いだけで、危ない橋を渡ってまで反社会的勢力とは結つかないでしょう。

 よって、中国人富裕層は日本にはまず来ないとするのが編集者の考え方です。

 次いでで、言えばカジノ運営を狙っている業者はこんなことは承知で、カモとしてるのは日本の富裕層、貯金を持ってる高齢者です。
 これに、関しては別に考察します。

注1 中国人が元を日本に送り、日本で元を円に交換すればいくらでも送金出来そうでが、こうした事はできないようです。日本に送金時点で円に交換されるので、外貨送金規制5万ドル相当の円が上限です。
注2 個人の送金に関する規制です。貿易による送金は、貿易による送金である証明書等を付けるなどの手続きをすれば可能です。
注3 爆買い等で来る人は銀聯クレジットカードも使用できます。ただし、金額には制限もありますので、日本のカジノでこのカードが使えても冷やかし程度でしょう。

Menu

HOME

 TOP