日弁連 院内学習会 ガジノ解禁について考える 2016.11.10 ~(4/4)

IR推進法案 改訂版

特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案 改訂版
今国会(2016臨時国会)提出されてる法案のようです。
従来と大きな変化はないようで、事務的なことは多少詳しくなったように見受けられます。

特定複合観光施設区域の整備の推進に関する 法律案要綱 旧版

 改めて申せばこの法律で「バクチ場」が即設置できる分けではありません。「バクチ場」開帳で生じる依存症、刑法等様々な問題が想定されます。こうした問題の対策を委員会を造って検討し、一年以内をめざして実施法案を出せと言う「シロモノ」で全くの無責任法案です。
「博打場」設置への道のり を参考にして下さい。

各団体からの報告

敬称は省略させて頂きました。

全国消費者行政ウォッチねっと 代表幹事 青山理惠子

全国消費生活相談員協会 専務理事 マツダ エツコ (漢字は不明)

労働者福祉中央協議会 シオバラ ヒロミツ(漢字は不明)

カジノ誘致反対横浜連絡会 事務局長 菅野 隆雄

若宮健 作家

宇都宮健児 弁護士

日弁連の挨拶、資料

新里宏二 弁護士 

意見書
「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(いわゆる「カジノ解禁推進法案」)反対する意見書
(日本弁護士連合会・2014年5月9日)

会長声明
「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(いわゆる「カジノ解禁推進法案」)の廃案に当たっての会長声明
(日本弁護士連合会・2014年11月21日)

「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(いわゆる「カジノ解禁推進法案」)の廃案を求める団体署名における賛同市民団体一覧表
(2015年6月22日時点)

「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(いわゆる「カジノ解禁推進法案」)の廃案を求める団体署名用紙

日弁連 院内学習会 ガジノ解禁について考える 2016.11.10 ~(1/4)
日弁連 院内学習会 ガジノ解禁について考える 2016.11.10 ~(2/4)
日弁連 院内学習会 ガジノ解禁について考える 2016.11.10 ~(3/4)

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

 TOP