カジノ「反対」45%、「賛成」29%を上回る 電通調査

日本経済新聞 電子版から

電通がまとめたカジノを中心とした統合型リゾートに関する意識調査によると、国内導入に反対する人が45%に上り、賛成の29%を上回った。ホテルや会議場からなる統合型リゾートの内容を知っている人は2割にとどまった。自民党などは次期国会で統合型リゾート推進法案(カジノ法案)の成立を目指しているが、一般的な認知度や関心は高まっていない格好だ。

朝日新聞の2014年10月の調査では 反対59% 賛成 30%

 カジノ推進派はカジノの表現を避けもっぱらIRを使用します。千葉市長も同様です。「カジノ」は印象が悪いのは知っていての表現で、姑息です。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Menu

HOME

 TOP