IR推進法案の見通し 国会議員の発言 日弁連院内学習会 6/24

院内学習会 カジノ解禁について考える

主催 日本弁護士連合会
2015年6月24日 12時~13時15分
衆議院第二議員会館1階多目的会議室

国会議員の発言を紹介する前にIR推進議連の動きを調べてみました。
時事通信6月18日(木)12時24分配信 カジノ法案、会期延長し成立を=超党派議連

「国会が延長になるようなので、時間が出てきた。この期間になんとしても成立させて日本にIRをきちんと立ち上げていく」と意気込みを示した。

2015/06/20カジノ・IR取材現場 IR議連が総会を開催。IR推進協議会から財界や地方自治体代表者が登壇
上記推進議連の総会の様子が詳しく出てます。

財界関係者からなる「IR推進協議会」から寺島実郎氏(日本総研会長)、新浪剛史氏(サントリー会長)の2名の共同代表がそれぞれ講演を行いました。「IRを成功させることで年間外国人観光客数を年間3,000万人、10兆円市場を目指すべき」(寺島氏)、「IRこそが大きな投資を集め、持続的な経済成長を可能とする」(新浪氏)とIR導入に伴う大きな経済的インパクトにスポットを当て、法案成立へ期待を示していました。

IR推進法案の審議を行う付託先委員会および審議開始時期の発表があるのではといった期待が広がっていたため、それらに関する発表がなかったことから一部に落胆の声があるようです。

これらが背景あるうえで各議員の発言要旨です。発言順です。

参議院議員 糸数 慶子(沖縄社会大衆党)
・沖縄復帰時に自民党は一国二制度で沖縄にカジノを置こうと悪巧みをした。県民の反対で「カジノ」の言葉すら表に出せなかった。仲井知事時代に何となくカジノが市民権を得た。翁長知事になり否定された。

参議院議員 大門 実紀史(日本共産党)
・カジノ推進法案は反対運動で「風前の灯火」まで追い込んでいる。とうとう自民党の議員まで反対の質問をしている。反対の自民党議員が「ギャンブル依存症対策」の議連を立ち上げようとしている。4月28日の再提出はバックにいる業界団体等の手前、出したのだろう。6月18日のIR議連の総会は盛り上がらなかったと聞いてる。
 国会延長の影響を心配する人もいる。カジノ推進法案は議員立法である。議員立法は普通、与野党一致で成立させる。戦争法案(安保法案)で与野党で対立しているなかでカジノ推進法案を話し合う雰囲気にない。公明党も反対に回り、自民党と維新の党だけでは無理である。読売新聞でさえドサクサにまぎれて通すなと言ってる。

衆議院議員 池内沙織(日本共産党)
・幾ら国会延長をしようとも国民の強い反対のある法案の審議入りを許さない。

衆議院議員 清水忠史(日本共産党)大阪
・大阪都構想が否決されて大阪のカジノ構想に痛打を浴びせた。大阪市はカジノ調査費を断念した。依存症の問題を解決できれば、カジノは経済効果があるので良いのではないかとする人がいる。依存症は脳の病気だと思ってる。対策できるなら現在依存症で苦しんでいる人は出なかったはずである。パチンコが今より2倍になれば経済が良くなるのか。

衆議院議員 畑野君枝(日本共産党)横浜
・横浜市で昨年に続き今年も1千万円の調査費が付いた。横浜市の選挙で共産党の市議が増えた。地方と連係していきたい。

衆議院議員 塩川鉄也(日本共産党)
・カジノ法案が審議に入るとすれば所属してる内閣委員会になるだろう。今までの例では他の法案を審議中でも維新の党からカジノ法案をやって呉れとは出た。審議入りさせないと皆様と頑張りたい。

参議院議員 福島瑞穂(社会民主党)
・自民党議員からも「ギャンブル依存」について一緒に勉強したいとの声がある。谷垣法務大臣のときカジノがどうして賭博にならないのか聞いたときあるが説明しなかった。公営ギャンブル(競馬等)の収益は税金になる。カジノは民間業者の収益にもなる。

編集者の見解
1.戦争法案(安保法案)とカジノ法案がどうリンクするのわからなかった。大門議員の解説で納得。
2.大阪都構想が否決されて大阪のカジノ構想に影響があるのか知りたかった。橋下市長の影響力は低下するだろうがカジノに関してどうだろうか。清水議員の「大阪都構想が否決されて大阪のカジノ構想に痛打を浴びせた。」も良く理解できない。会場にいた大阪で反対運動をしてる人に聞いても納得はできなかった。大阪都構想とカジノは直接リンクしないとは確認できた。
3.刑法の賭博違法をどう乗り越えてカジノを解禁するのか見物である。さすが、福島議員は弁護士でもうすでに聞いてる。仮にカジノが解禁されれば法廷闘争になるでしょう。刑法は重い法律で簡単には改定できないでしょう。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

noimage
“カジノ型”デイサービス 規制の条例可決 神戸市会
2015年通常国会 IR推進法案が継続審議 報道
大阪維新ダブル選完勝 カジノ誘致は継続
介護施設に「カジノ」効果は 朝日新聞報道
noimage
編集者の意見を報道 東京新聞 2連発
続 “カジノ型”デイサービス 規制の条例可決 神戸市会
日本弁護士連合会の街頭演説 JR有楽町駅前 2014年11月11日 12~13時
千葉市マスタープラン原案 IR,カジノは無し
「カジノ法案、今国会成立は微妙 2020年開業に黄信号も」産経新聞報道
シンガポールの観光客激減  報道
noimage
noimage
千葉市の構想は「ナンチヤッテIR」鳥畑氏のご評価

Menu

HOME

 TOP