マカオ、2月のカジノ収入は前年同期比49%減

マカオのカジノ収入、過去最大の下げ幅 中国政府の反腐敗運動影響

春節は例年、マカオのカジノの稼ぎ時だが、今年は不振極まり、2月のカジノ収入は前年同期比49%減の195億4000万マカオドル(約24億5000万米ドル)だった。下げ幅は過去最高で、中国政府の反腐敗運動も背景にあるようだ。3月4日、北京青年報が伝えた。

すでに紹介した最新の記事「「カジノのマカオ岐路」朝日新聞報道」にあるようにマカオのカジノは岐路にあります。
2月も期待できないとされてましたが具体的な数字が報じられてます。

千葉市がモデルとした、シンガポールも昨年から不調を伝えてられてます。
モデルの「マリーナ・ベイ・サンズ」の業績は通常3ケ月毎に発表されます。4,5月にはわかるでしょう。

中国政府の反腐敗運動の影響は米国にも及んでるようです。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

 TOP