カジノ誘致 千葉市は「検討中」 政府調査への回答 2018.11

政府は各自治体がカジノ誘致への意向を調査してました。対象は都道府県及び政令指定都市です。
その集計が報道されてます。
IR誘致、東京・横浜「検討」 沖縄「申請せず」 政府調査に回答 産経新聞 2018.11.5

政府が全国の自治体にカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致に関する調査を行い、東京都、横浜市、千葉市、北海道が誘致の申請を「検討中」と回答したことが4日、分かった。誘致を表明済みの大阪府・市、和歌山県、長崎県は「申請予定」とした。沖縄県は「申請しない」と答えた。IR実施法は設置箇所を最大3カ所としており、態度を「白紙」としていた東京都と横浜市も誘致合戦に加われば混戦しそうだ。

政府が全国規模でIR誘致の意向に関する調査を実施したのは初めて。47都道府県と20政令指定市に9月末にアンケートを送付し、11月2日に回答を締め切った。IR区域整備計画について、(1)申請を行う予定(2)申請を検討中(3)申請は未定(4)申請は行わない-の4つから回答を求めた。

政府関係者らによると、2025(平成37)年国際博覧会(万博)の前年までのIR開業を掲げる大阪府・市や、和歌山県、長崎県が(1)の「申請予定」と回答。東京都と横浜市に加え、苫小牧市や釧路市、留寿都(るすつ)村の3自治体が手を挙げる北海道、千葉市が(2)の「検討中」と答えた。

河村たかし市長が誘致に意欲を示していた名古屋市は未定とし、政府内で有力候補地とされてきた沖縄県は申請しない選択をした。

政府はIR設置予定地の状況やギャンブル等依存症対策の有無なども聞いており、調査結果を踏まえ自治体への追加調査や個別にヒアリングを実施し、IR開設に向けた準備を本格化させる方針だ。

これによれば千葉市は「検討中」となります。編集者の見解では「検討中」は「申請を行う」から「申請は未定」までどれにでも成り得る訳で姑息な選択です。
このサイトでは幕張新都市でのIR(カジノ)は有り得ないことを繰り返し述べてます。例えば幕張新都心のカジノにあります。
「往生際が悪い」とか言いようがない。

注目した他の自治体は以下の通りです。
「申請予定」 :大阪府・市、和歌山県、長崎県
予想通りです。
「検討中」  :東京都・横浜市・
「苫小牧市や釧路市、留寿都(るすつ)村の3自治体が手を挙げる
北海道」・千葉市
「申請しない」:沖縄県
予想通りです。

「検討中」を検証してみます。

東京都 小池知事は本来誘致派のはずですが、時節柄(?)積極的な発言は控えて
るように感じてました 。「検討中」でお茶を濁した?
北海道 苫小牧市は報告書を出したりしてかなり前のめり込みだったので以外な
感じがします。
横浜市 林市長はカジノ誘致の強行派で知られてました。それだけ反対市民団体の
活動も活発です。
ところが2017.7月の市長選で一転「白紙」
さらに一転し2018.5 「国の動向を見据え、検討する」
誘致を目指している所とされてるのは「山下埠頭」です。「山下埠頭」は
倉庫群があります。空き地ではありません。再開発として幾つかの倉庫は
壊されてます。しかし、「横浜港運協会 藤木幸夫 会長」は反対し、
「山下埠頭」にIRを造った場合のイメージ図をカジノ業者が作成と運動
は激しいです。ガジノに業者にしてみれば首都圏は外せないでしょうから
必死(?)。その中で「検討中」はギリギリの選択でしょう。

*横浜市に関する記述は2018.6.9の「ヨコハハマにカジノはいらない」シンポ
ジウムに参加しそのときの資料や実際に「山下埠頭」に行っての印象に
基づいてます。

Menu

HOME

 TOP