カジノ 各党の公約 2017衆議院選挙 

 2017衆議院選挙で各党が「カジノ」に関してどう考えているのか調べてみました。

自民党の公約

「IR(統合型リゾート)推進法」に基づき、様々な懸念に万全の対策を講じて、大人も子供も楽しめる安心で魅力的な「日本型IR」を創り挙げます。

公明党の公約
記述無し

立憲民主党

ギャンブル依存症に対する膨大な社会コスト生じさせ、マネーロンダリングの温床となり治安を悪化させるカジノに反対

希望の党公約
記述無し

日本維新の会公約

【維新改革】大阪府市によるIR実現に向けた取り組み
○政府にIR解禁の法改正を働き掛け。
○IRの誘致活動を推進。

日本共産党公約
記述無し
但し分野別政策
「カジノ問題―カジノ導入反対。ギャンブル依存症(賭博中毒)問題」のタイトルで詳細に載ってます。

社民党公約

○カジノ解禁に反対するとともに、カジノリゾート開発推進法(IR法)を廃止します。また、ギャンブル依存症対策や多重債務者への支援策を講じます。

日本のこころ公約
公約としてまとまった物はありません。上記リンクをたどっても「カジノ」に関しての記述は見当たりません。

編集者見解
 いままでの各党の考え通りと言って良いでしょう。公明党は2016年12月の推進法時はで党として賛否は決めず自主投票でした。希望の党の代表はカジノは賛成と思っていました。臆面なく自在に考えを変える人のようですのでさてどうなるか。

コメントを残す




*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Menu

HOME

 TOP