弊害・問題点

依存症

シンガポール依存症対策は有効? 民進党IR議連会長発言の考察  改訂版

改訂版 表3を入れ替えました。 2016.12.13 「IR推進法」は2016.12.15に成立しました。しかし、これで「バクチ場」がアッチコッチにできるわけではありません。未だ先が長い。 「博打場」設置への道のり 2016.12.15日更...
2020.03.11
依存症

依存症 改訂版2

改訂版2 ギャブル依存症調査の質問表を追記 (厚生省の調査に使用した)  「博打」の最大の問題は依存症と考えてます。「博打」をしないでは生きてはいけなくなります。究極は自殺・破産です。こうした影響は本人だけでなく周囲10人に及ぶ...
依存症

続・依存症 「一度たくあんになった脳は二度と大根には戻らない」 改訂版

改訂版 「ギャンブル依存症回復施設」について追記  依存症については依存症で紹介しました。 その後に、見聞きしたことをまとめて紹介します。 「カジノで依存症をつくり出しておいて、カジノの収益で直してやるは」はどうも受け入れがたい...
米国のカジノ

米国のカジノ 総論  & 日本のギャンブルの数

米国のカジノと言えばラスベガスが有名ですがそれ以外にも沢山あります。米国ではカジノは州によって合法化を決めてます。 現在50州のうち17州で合法化されていて464軒が商業施設として認められています。全世界にあるカジノは3、691件(2012...
2019.12.17
米国のカジノ

米国のカジノ  IRカジノが破綻した街

日弁連の資料から 鳥畑与一(静岡大学) カジノ依存型の成長モデルの破綻が米国で次々と明らかに! IRの中核にカジノを据えれば、世界中から観光客(ギャンブラー)が殺到し、誘致した自治体に税収と雇用ばかりか大きな観光収入がもたされ地域は...
2019.12.17
米国のカジノ

米国のカジノ  合法化を断念した州

更新日2019.12.17 日弁連の資料から 鳥畑与一(静岡大学)2014年ニューハンプシャー州(以下NH州)はカジノ合法化断念を。反対運動の31の理由1.NE(ニューヨーク)州では飽和状態で、NH州でのIR型カジノは採算がとれない...
2019.12.17
タイトルとURLをコピーしました